特定非営利団体


ひろしま自然学校

 

四季折々 自然を楽しみ自然から学ぶ

行事報告
12345
2019/09/06

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年9月5日(木)

◯天 候:晴れ(一時にわか雨)
◯参加者:9人
◯報告者:六重部篤志

 処暑 禾乃登(こくものすなわちみのる : 稲が実る)の候 万代池下の田んぼの稲も黄金色に色づいてきました。5月初めに小さな苗を植えてから僅か4か月で収穫できるまでに成長。そろそろ刈り取りが始まるでしょう。

 今日の作業は、アースエデュケーションハウスの外壁鎧張り作業と草刈り・モミジやアカマツの枝剪定でした。

 朝一番に池を一周しました。ウメモドキやアオハダの実は真っ赤になりました。遊歩道脇ではツルリンドウが満開、池畔ではサワギキョウが、ビオトープではミソハギとカキツバタ(初夏から晩秋まで咲いている)が開花、ヒヨドリバナやサワヒヨドリも咲き始めました。堰堤ではオミナエシやワレモコウが満開。ススキの根元ではナンバンギセルも。オミナエシは野で咲いているのを見るのは良いのですが、切り取って持ち帰り花瓶にさし

ておくと何とも言えない腐ったような匂い(敗醤臭というらしい)を発します。「やはり野におけ…」ですね。

 今朝は林の中から、シャワシャワシャワシャワとクマゼミの声が聞こえてきました。ついにクマゼミがここまで北上したきたかと

 


16:50 | 投票する | 投票数(0)
2019/09/02

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年8月29日(木)

◯天 候:雨一時曇り
◯参加者:6人
◯報告者:六重部篤志

 処暑 天地始粛(てんちはじめてさむし : ようやく暑さが鎮まる)の候 暑さは漸く鎮まってきましたが、815日の台風10号以来、雨雨雨の日が多く、各地で大雨情報・警報が出て被害を及ぼしています。大陸と太平洋の高気圧のはざ間に停滞する前線に沿って西に移動する雨雲が大量の雨を降らせています。この雨雲をどこかの雨が少なくて困っているような地域に持っていければと とんでもないことを思うのは私だけでしょうか。数日前の晴れ間をぬって早くも稲刈りが始まっています。私の感覚からすれば、稲刈りは10月にはいってからですが、近年は8月下旬から9月上旬と

1か月以上も早くなっています。10月に刈り取った稲を櫨に干して収穫したコメを羽釜で炊いたご飯がとても美味かったことが懐かしく思い出されます。

 今日の作業は、雨のなか集まった6人が、アースエデュケーションハウス内の内壁貼り作業と雨の合間を縫っての草刈り・モミジの枝剪定でした。一週間前に草刈りした場所では、イネ科の草がすでに23cmも伸びています。なんか後ろから追っかけられているような……

 8時半過ぎに池を一周。ビオトープでガサガサと大きな音、猪かと思ったら鹿が飛ぶように逃げていました。笹や草がなぎ倒されておりここで一夜を過ごしたのかも。

連日の雨で林床には色々なキノコが生えていました。写真を撮って図鑑と睨めっこして名前を調べていますが中々???ばかりです。

 事務所棟の布基礎付近にウスバカゲロウのすり鉢状の巣がたくさんあるので、アリを落としてみましたが、まつたく反応なし、もう羽化して巣立ったのでしょう。折角カメラを構えてリアルな写真を撮ろうと思ったのに、時すでに遅しでした。


16:36 | 投票する | 投票数(0)
2019/08/27

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年8月22日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:9人
◯報告者:六重部篤志

 蒙霧升降(のうむしょうこうす : 深い霧が立ち込める)の候 先週の台10号の通過以来、天候が安定しない日々が続いています。青く澄み切った秋の空が待ち遠しく思われます。

 台風10号は、広島県呉市付近に上陸・北上したため、広島県の西部では風の大きな影響はなかったようです。ろうきん森の学校では、遊歩道沿いに枯れ枝が落ちて散乱している程度です。

 ろうきんへの道すがら、太田川沿いや小河内川沿いの山では、ナラ枯れ病にかかったコナラの紅葉があちこちに目立ちます。一昨年と昨年は、ろうきん森の学校でも一昨年・一本と昨年も一本とコナラが枯れましたが、今年は罹患したコナラは見当たらないようです。

 今日の作業は、アースエデュケーションハウスの鎧張り作業と草刈り・モミジの枝剪定でした。このところ雨模様の日が多いためか、草は青々としてよく繁っています。あちこちに竹杭を打ち・ロープ張りした場所は、草刈り機の使用ができないので手刈りせざるを得ません。まぁ少しづつ気長に続けていけば、冬までには何とかなるでしょう。

 ビオトーブ横の湿地ではサワシロギク、シラヒゲソウが咲き始めました。林縁ではツルリンドウの花もあちこちに見られます。これから本格的な秋に向けて色々なウメモドキやアオハダなど木の実が赤く色づいてきます。

 もうすぐ爽やかな秋がやってきます。

 


07:54 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/27

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年8月8日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:6人
◯報告者:六重部篤志

 立秋 涼風至(すずかぜいたる:涼しい風が立ち始める)の候 ついこの前に梅雨明けしたのに、もう今日から暦の上では秋(立秋)。でもまだまだ暑さは続きます。万代池堰堤下の田んぼでは、もう稲穂が垂れてきました。出穂から45日で稲穂が熟れると言われますから9月の初旬には稲刈りが始まるでしょう。

 今日の作業は、アースエデュケーションハウスの庇の柱取り付けと鎧張りが始まりました。それと別班は草刈りでした。草刈りをしているとトノサマガエルやアカガエルがよく見られます。近年はアカガエルの卵塊が極端に減っているのですが、生体が見られるということはどこかで産卵(繁殖)はしているものとは思われます。原因は何なのでしょうか秋を代表するトンボ・アキアカネは稲の育苗に使う農薬(除草剤)のネオニコチノイドが影響しているのだそうですが、アカガエルの場合はどうなのでしょうか。絶滅危惧種になる日が近いかも!

 池奥の湿地では、ビッチュウフウロが咲き始めました。日当たりのよい路傍に咲くゲンノショウコによく似た形の花ですが、花びらを比較してみると違いがよく分かります(写真を貼付、比べてみてください)。堰堤ではオミナエシやワレモコウが、湿気のある場所ではサワオトギリ、ヒメオトギリ、コケオトギリ、遊歩道ではキンミズヒキ、ヒメキンミズヒキが見られます。

 次週15日は盆休みとします。

 


07:52 | 投票する | 投票数(1)
2019/08/22

夏の分校:14日目

| by:Shiga

◯実施日:2019年8月21日(水)

◯天 候:曇り
◯参加者:24人
◯報告者:志賀誠治
 分校14日目。いよいよ最終日です。
 2週間お世話になった校舎に、感謝の気持ちを込めてみんなで大掃除をしました。
 わずか2週間ですが、本当にたくさんの思い出が詰まった場となりました。子どもたちも、自分の荷物を整理しながらそれぞれの分校生活を振り返っている様子でした。
 最後に、夏の分校の修了書が一人ひとりに手渡され、昼食後分校を後にしました。
 子どもたちが帰った分校はひっそりと静まり返っています。スタッフも思い出を噛み締めながらキャンプの後片付けをして、17:30に分校を後にしました。
 今年も2週間、本当にありがとう!
08:30 | 投票する | 投票数(10)
12345