特定非営利団体


ひろしま自然学校

 

四季折々 自然を楽しみ自然から学ぶ

行事報告
12345
2019/10/18

森の学校『平日察業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年10月17日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:7人
◯報告者:六重部篤志

 寒露 菊花開(きくのはなひらく:菊の花が咲く)の候 台風19号は関東地方に上陸しましたが、遠く900kmも離れた広島でも強い風が吹きました。1000年に一度の大雨とか、かつて経験したことのない……とか、訳の分からん言葉をマスコミが作っているような気がします。温暖化、気候変動とか、国際的な会議とかで取り上げられるものの何ら有効策が取りまとめられないのは何故なのでしょうか? 

今日の万代池には既に冬の使者、コガモの姿が見られたそうです。

今日の作業は、19日のフェスティバルに向けて、コンサート用のステージ設置、イノシシが掘り返した森の博物館への通路の整地、あおぞら広場の清掃、石焼芋器の据え付け、鉛筆づくりの材料調達などでした。

 また、業者の方による、テントの設営、机・椅子の搬入などがありました。ツリークライミングの方たちも準備に来校。天気予報では明日、明後日は雨となっていますが、明後日の早くにあがることを祈るばかりです。

 森の学校内の数か所に、秋の里山の植物、漢方・民間薬として知られる「センブリ(リンドウ科)」が満開状態です。昨年のテントサイト作りで一か所がだめになったのですが、新たに一か所見つかりました(ここは当面安全と思われます)。花の咲いている時期に地上部を抜き取り、陰干しして乾燥させたものを煎じて飲用します。健胃・胃腸薬で「良薬口に苦し」の言葉どおりとても苦く、長く口に残ります。生でも結構苦い、一度お試しあれ!


センブリ




09:08 | 投票する | 投票数(1)
2019/10/14

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年10月10日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:7人
◯報告者:六重部篤志

 寒露 鴻雁来(こうがんきたる:雁が飛来し始める)の候 今週初めから急に朝晩が涼しくなってきました。そろそろ冬鳥が渡ってくる頃ですが、万代池ではまだ姿が見えません。コシアカツバメは50(いや100羽近く)が池の上を飛び交っていました。いつまで居るのだろう。

 朝、電気工事やさんがコンクリート電柱から木柱までの電線張替え、午後はアースEduハウスのコンセント取付に来られました。

 今日の作業は、森フェス臨時駐車場の草刈り、孟宗竹や丸太の調達、池堰堤の草刈り(少し残ってしまった)、遊歩道の草刈り、丸太切り台の補修、アースEduハウスの内装作業などでした。19日の好天を祈るばかりです。

 トイレ前の斜面にキイジョウロウホトトギスが咲いていました。紀伊半島原産の植物で、この辺りに自生しているものではなく、誰かが植えたものですが、?です。

 万代池の堰堤にクサガメがひっくり返って死んでいました。何かに襲われたのでしょうが、堅い甲羅を持て余して放置したものと考えられます。頭、手足、尻尾は乾燥してミイラ状態でした。蝿やスズメバチがたかっていました。


キイジョウロウホトトギス


15:20 | 投票する | 投票数(2)
2019/10/09

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年10月3日(木)

◯天 候:雨が降ったり止んだり
◯参加者:7人
◯報告者:六重部篤志

 秋分 水始涸(みずはじめてかれる : 田から水を抜き、稲刈りに取り掛かる)の候 七十二候では、たわわに実った稲穂の収穫真っただ中の頃ですが、もう既に稲刈りは殆ど終わり、残っているのは晩稲(おくて)かりです。この稲作は平年よりやや不作とか。

 懸念されていた台風18号は、朝鮮半島南部を通過し、日本海で温帯低気圧に、風や雨の大きな影響はなかったものの、南からの湿った空気の流れ込みで蒸し暑い一日でした。

 今日の作業は、アースエデュケーションハウスの作業、遊歩道沿い林内のコシアブラの倒木処理と最近の雨で路面の土が流された進入路の補修(一輪車で砕石砂利を運搬)でした。

 来週は、森のフェスティバルに向けて、遊歩道の草刈りや落枝の片付け、臨時駐車場の草刈りなどを予定しています。作業小屋下の枯れ松も気になるところです。


07:00 | 投票する | 投票数(0)
2019/10/09

森の学校『平日作業隊』

| by:Shiga

◯実施日:2019年9月26日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:5人
◯報告者:六重部篤志

 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ:雷がなりひびかなくなる)の候 入道雲から鰯雲へ、秋の空が晴れ渡る季節です。が明日からはまた曇りや雨の日が数日続くようです。先週もう南へと去ったのかと思ったコシアカツバメですが今朝は池の上を20羽くらいが飛び交い、時折水面にバシャツと。陽が高くなるにつれて見えなくなっていました。

 今日の作業も、アースエデュケーションハウスの作業、モミジ・アカマツの剪定と草刈りでした。さすがにこの時期になると草の伸び具合が格段に遅く違ってきました。

 作業小屋付近のヤマザクラやウワミズザクラが早くも紅葉を始めました。秋一番に紅葉するのは、ナツハゼ(ツツジ科)が知られていますが、これに劣らない紅葉です。

 作業小屋近くのコシアブラの頂上付近の枝先に一匹ずつ赤トンボが10羽くらい止まっていました。遠くてよく分かりませんがアキアカネかナツアカネのどちらかだろうと思います。ただ数年前に近くの田んぼでアキアカネの調査をしたことがありますが、その時は一匹も確認できませんでした(稲の苗に使われる除草剤(ネオニコチノイド)の影響で幼虫(ヤゴ)が死滅?)から、アキアカネだったら嬉しいのにな。

  


06:56 | 投票する | 投票数(0)
2019/09/23

森の学校『平日作業隊』隊

| by:Shiga

◯実施日:2019年9月19日(木)

◯天 候:晴れ
◯参加者:4人
◯報告者:六重部篤志

 白露 玄鳥去(つばめさる:燕が南へ帰っていく)の候 そういやぁ万代池ではコシアカツバメを見なかったような気もしますが?です。今日もとても良いて天気でした。万代池下の田んぼでは稲刈りが始まっていました。実りの秋到来です。

 今日の作業も、アースエデュケーションハウスの作業と草刈りでした。からっと晴れているので日差しが強く、刈った草が1時間もすると干し草状態になります。来週からの草刈りは、遊歩道とあおぞら広場、森フェスの臨時駐車場などりを予定しています。

 作業小屋下のアカマツ、3本あったうちの1本は6月に既に伐採、残っていた2(根元は1本で2mのところで二股になっている)は、葉がなんとなく赤っぽいとは感じていたのですが、先週ごろから赤っぽさが増してきて今日はもう紅葉状態です。いわゆる「松枯れ病」なのか、根元が傷んだためなのかわかりませんが、いずれにしても早めに伐採しての、利用が望まれます。

 


06:05 | 投票する | 投票数(1)
12345